口と身体のお悩みトータルサポートセンター 日本橋 佐々木歯科クリニック&インプラントセンター

プラセンタ療法

プラセンタ療法


私は以前はプラセンタ療法に、偏見を持っていました。
ただの美容系の薬での療法だと思っていました。
しかし、まず自分に疲労回復の治療薬として使ってみたら、回復度合いがかなり顕著でした。
佐々木歯科が患者さんに提供する療法として取り組むにあたり、いろいろな方面からの安全性も調べてみました。
副作用は無しでスーパーライザーに近い療法に進化していました。
プラセンタ+スーパーライザーで治療効果を早く出すことができないかと、試行錯誤しているところです。
プラセンタだけでも胎盤療法として、多方面で効果は上げられています。

プラセンタ療法が良く効く病気、症状。(日本胎盤臨床研究会による)

頭痛、口内炎、喘息、胃弱、食欲不振、便秘、肝炎、肝硬変、パーキンソン病。るいそう、腎炎、糖尿病、ネフローゼ、高血圧、狭心症、貧血、十二指腸潰瘍。
肩こり、むちうち、五十肩、腰痛、膝痛、筋肉痛、リウマチ、関節痛、神経痛、腰部脊柱管狭窄症。
更年期障害、乳汁分泌不全、生理痛、生理不順、無月経、不妊症、冷え症、子宮筋腫。
アトピー性皮膚炎、肌荒れ、しみ、乾燥肌、脱毛症、皮膚潰瘍、白班、水虫。
自律神経失調症、うつ病、不眠症、拒食症、てんかん。
前立腺肥大、夜尿症、性欲低下、膀胱炎、尿道炎。
アレルギー性結膜、眼精疲労、視力低下、緑内障、角膜炎。
アレルギー性鼻炎、耳鳴り、めまい、難聴、メニエール氏病、臭覚低下。
歯槽膿漏、味覚低下、舌炎。
口腔外科処置の創傷治癒の促進。
ガン治療後のQOLの回復、高齢者の体力維持。

以上いろいろ試してみたら、色々な症状の改善に効果があると、適応症が増えているところです。

プラセンタ、8つの薬理作用

自律神経調整作用
強肝・外毒作用 (肝臓の働きを強くする)
基礎代謝向上作用 (代謝を良くして臓器の活動を良くし、体力を向上させる)
免疫賦活作用 (感染や腫瘍から身を守る)
抗炎症作用 (炎症を抑え壊れた組織の修復を促進する)
ホルモン分泌調整作用
活性酸素除去作用 (酸化、老化を防ぐ)
血行促進、造血作用