口と身体のお悩みトータルサポートセンター 日本橋 佐々木歯科クリニック&インプラントセンター

 

日本橋 佐々木歯科クリニック

〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町3-3-1
田所ビル3F
tel.03-3241-3793
日本橋三越本店から徒歩3分!!

日本橋 佐々木歯科クリニック

〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町3-3-1田所ビル3F
tel.03-3241-3793
日本橋三越本店から徒歩3分!!

「口腔心身症(歯科心身症)」あまり聞きなれない病気の名前だと思います。
名前は新しいのですが、症状は昔からありました。
口の中に症状が出ているのですが、原因は自律神経やストレス等に由来していますので
医師に口の中の症状と、全身の症状の両方の知識を持っていないと治すのが難しい病気です。

原因はストレス・自律神経失調症等にありますから、
一生懸命歯科医が口の中の症状を楽にしようと頑張っても、何度も再発して治りません。
どうも、これは歯のせいじゃないな?と考えた歯科医は他科の病院の診察を勧めます。しかし、他科の医師は血液検査をしても、
レントゲンで見ても悪いところが見つかりません。あげくは気にし過ぎではと、脳波まで調べてみますが異常は見つかりません。
20世紀の医学は検査して病気の原因を探し、そこを集中治療しようという考え方です。
ですから、検査して異常が見つからなければそれは病気ではないということになります。しかし、目の前には具合の悪い患者さんが存在します。
医者も患者さんもどうしたらいいか分からない状態になり、また転医を繰り返すドクターショッピングという負のスパイラルにはまり込んでしまい、
口腔心身症難民になってしまいます。

Drからの一言 
歯医者へ来院される患者様の5~7%が口腔心身症なのではないかと思われます。

原因と症状の関係がまだ正確には解明されていません。
佐々木歯科では治療の効果と経験から以下のように考えています。

人間には「視床下部」という脳の中の脳という部分があります。恒常性(ホメオスタシス)を司っている部位です。
簡単に説明しますと、体温、血圧、呼吸、循環、ホルモン、免疫力等を常に一定に保つため調整を24時間、
365日やっているコンピュータのCPUみたいなところです。
正確に調整するためには情報が必要です。それを視床下部は流入してくる血液の中に含まれるホルモンや
酵素等の物質の変化を感じ取り、指令を発します。人間の身体はすごいですね。
ストレスが発生すると自律神経の交感神経が優位になり、血管が収縮します。
当然、視床下部に流れてくる血流量も少なくなります。しかし、その状態が長く続くと正しい身体の状態を
視床下部が把握できなくなり、結果として誤作動を起こしている状態になってしまいます。
その顕著なものが更年期障害や交感神経過緊張症候群、口腔心身症です。

全身への血液の供給が充分に行われず、体がだるい、疲れやすい、頭が重い、肩がこる、体が冷える、食欲が無い、眠れない、等々、
未病の状態になり、やがて本格的な病気となることになります。口はストレスの発散場所です。
歯ぎしり、食いしばり等で寝ている間にストレスを発散させようとしますが、それが長期間続くと歯の違和感、冷水痛、口内炎、舌痛症があらわれ、 また噛みしめの筋肉に貧血を起こし肩凝り等まで出るようになるのだろうと考えています。

口腔心身症とは?


「口腔心身症(歯科心身症)」あまり聞きなれない病気の名前だと思います。
名前は新しいのですが、症状は昔からありました。
口の中に症状が出ているのですが、原因は自律神経やストレス等に由来していますので
医師に口の中の症状と、全身の症状の両方の知識を持っていないと治すのが難しい病気です。

原因はストレス・自立神経失調症、心身症等


原因はストレス・自律神経失調症等にありますから、
一生懸命歯科医が口の中の症状を楽にしようと頑張っても、何度も再発して治りません。
どうも、これは歯のせいじゃないな?と考えた歯科医は他科の病院の診察を勧めます。しかし、他科の医師は血液検査をしても、
レントゲンで見ても悪いところが見つかりません。あげくは気にし過ぎではと、脳波まで調べてみますが異常は見つかりません。
20世紀の医学は検査して病気の原因を探し、そこを集中治療しようという考え方です。
ですから、検査して異常が見つからなければそれは病気ではないということになります。しかし、目の前には具合の悪い患者さんが存在します。
医者も患者さんもどうしたらいいか分からない状態になり、また転医を繰り返すドクターショッピングという負のスパイラルにはまり込んでしまい、
口腔心身症難民になってしまいます。

Drからの一言 
歯医者へ来院される患者様の5~7%が口腔心身症なのではないかと思われます。

原因と症状の関係がまだ正確には解明されていません。
佐々木歯科では治療の効果と経験から以下のように考えています。

人間には「視床下部」という脳の中の脳という部分があります。恒常性(ホメオスタシス)を司っている部位です。
簡単に説明しますと、体温、血圧、呼吸、循環、ホルモン、免疫力等を常に一定に保つため調整を24時間、
365日やっているコンピュータのCPUみたいなところです。
正確に調整するためには情報が必要です。それを視床下部は流入してくる血液の中に含まれるホルモンや
酵素等の物質の変化を感じ取り、指令を発します。人間の身体はすごいですね。
ストレスが発生すると自律神経の交感神経が優位になり、血管が収縮します。
当然、視床下部に流れてくる血流量も少なくなります。しかし、その状態が長く続くと正しい身体の状態を
視床下部が把握できなくなり、結果として誤作動を起こしている状態になってしまいます。
その顕著なものが更年期障害や交感神経過緊張症候群、口腔心身症です。

全身への血液の供給が充分に行われず、体がだるい、疲れやすい、頭が重い、肩がこる、体が冷える、食欲が無い、眠れない、等々、
未病の状態になり、やがて本格的な病気となることになります。口はストレスの発散場所です。
歯ぎしり、食いしばり等で寝ている間にストレスを発散させようとしますが、それが長期間続くと歯の違和感、冷水痛、口内炎、舌痛症があらわれ、 また噛みしめの筋肉に貧血を起こし肩凝り等まで出るようになるのだろうと考えています。

口腔心身症へのアプローチ


歯科医でも、口腔への治療だけでなく、心療内科的な知識がないと、
口腔心身症と診断するのが非常に難しい症状です。
常に2つセットでのアプローチで患者さんの治療にあたり、西洋医学だけでなく東洋医学をあわせた
統合医療で解決策へのアプローチを致します。当医院では経口,薬物の投与は止めました。
あまりに沢山の薬を飲まれている患者様が多いので、薬を減らす治療を模索しています。
皆さんに即座に100%効く治療ではないかと思います。
やはり何年も慢性化してきた病態に対しましてはそれなりの期間は掛かると思われます。
経験的に発症6ヶ月以内の方は比較的回復も早いように思います。

口腔心身症の治療法



ナイトガード

ナイトガードは、歯ぎしり、喰いしばりを軽減させ口腔内を守り、咀嚼筋の緊張を緩和させます。
また、歯ぎしりは眠りを浅くします。ナイトガードを入れることにより、眠りの質を上げることができます。


スーパーライザー

スーパーライザーで鎖骨付近にセットして近赤外線を当てます。
近赤外線とは体の深いところまで届く深達力のある波長の光です。
レーザーの波形に近い赤外線ともいえます。痛みも無く副作用も無い治療法です。
これを、第7頸椎の横にある交感神経の星状神経節に目掛けて照射します。そうすることにより、
交感神経の緊張を解いて、血行を良くし、視床下部の乱れを治し、交感神経と副交感神経のバランスを
取っていきます。交感神経と副交感神経のバランス具合はボディチェッカーという機械で測定し、
その数値を参考にしながら、照射時間や、通院間隔を決めていきます。
数回照射して完治する人もいますが、1~2週間に1度位のペースで通いながら
徐々に治っていく人のケースが多いように思われます。
口の中の症状が良くなるのに比例して、全身の症状も緩和されていきます。


プラセンタ療法

プラセンタを皮下注射して自律神経の調整をはかります。
またスーパーライザーとプラセンタ注射を併用する場合もあります。

Drからの一言 
同じ病態、症状を見ても受診科が違うと病名が違う場合があります。
内科、心療内科等の側から見ると交感神経過緊張症の口の中にも症状の出てるもの、
あるいは口の中もおかしいといっている不定愁訴。ということになります。
歯科の側から見ると、口腔心身症です。
スーパーライザーの治療にしても今までに無い治療方法ですが、今までの治療の範ちゅうの名前で呼ばれています。
これはまったく新しい考え方の治療法と考えたほうが理解しやすいかもしれません。
患者さんに合わなくなったシステムは変えていって、少しでも患者さんの苦しみが取り除くことができていければと思っています。

 

日本橋 佐々木歯科クリニック

〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町3-3-1
田所ビル3F
tel.03-3241-3793
日本橋三越本店から徒歩3分!!

日本橋 佐々木歯科クリニック

〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町3-3-1田所ビル3F
tel.03-3241-3793
日本橋三越本店から徒歩3分!!

口腔心身症へのアプローチ


歯周病、口内炎、根管治療、創傷治癒の促進、病巣の消毒 等にレーザー治療を応用しています。
特に歯周病では、ポケットが5mm以上の深い症例には力を発揮します。
レーザーの先端は髪の毛ほどの光ファイバーになっていますので
形が複雑で深いポケットの深部まで届き、そこの「細菌を消毒」しますので、
排膿している症例などには効果を発揮いたします。
1~2ヶ月に1回 の歯石の掃除と併用しての治療をお勧めいたします。
治療費は 歯の本数によって治療費を決めています。(¥1,000~¥3,000ほどです)

Drからの一言 
レーザーを導入するまでは機械式のスケーラー等での「歯石の掃除」で充分と思っていました。しかし、導入後の治癒経過を見ていくと、その効果にはっきり言ってビックリしました。
今は、進行の進んだ重度の歯周炎のメインテナンスにレーザーは欠くことのできないツールの一つになっています。

 

日本橋 佐々木歯科クリニック

〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町3-3-1
田所ビル3F
tel.03-3241-3793
日本橋三越本店から徒歩3分!!

日本橋 佐々木歯科クリニック

〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町3-3-1田所ビル3F
tel.03-3241-3793
日本橋三越本店から徒歩3分!!